Skip Navigation


大邱広域市議会

ユーザメニューの上部に

グローバルリンク

  • HOME
  • ENGLISH
  • 日本語
  • 中國語

テキストサイズの印刷を調整する

  • 拡大
  • 削減
  • 基本的な
  • プリント

メインメニュー


公務員は、議会に参加する
オープンプロトコルは、市民の本当の意味を表します。



議会構成/組織

大邱広域市評議会が行いますあなたのために何が最善か

HOME>議会紹介>議会構成/組織


議会構成

 

議員

  • 選挙 : 市民の普通、平等、直接、秘密選挙で選出
  • 構成 : 30人 (地方区 27人、比例代表 3人)

議長、 副議長(議長団)

  • 構成 : 議長 1人、 副議長 2人
  • 選出 : 議員の中から無記名投票で在籍議員過半数の出席と出席議員過半数の賛成でそれぞれ選出
  • 任期 : 2年
  • 議長 : 議長は外部に対して地方議会を代表する (議会代表圏)、能率的で合理的な会議運営のために広範囲な議事整理権を持つ。また会議場内の秩序を維持する議会事務を指揮し監督する。
  • 副議長 : 議長のやむを得ない事情時、議長の職務を代理

本会議

  • 本会議は議会議員全員で構成される会議体である。
  • 議会に提出されるすべての案件は本会議の議決を経て最終的に決定される。

委員会

委員会委員会は本会議での議案審議に先立って予備的に審査する機関であり、議案審議の能率性、専門性、技術性などを向上する会議運営に自律性を付与する議会の内部機関である。

[常任委員会]
運営、行政自治、文化福祉、経済交通、建設環境、教育委員会など6個から構成されており、所管に属する議案課請願の審査、請願処理などの案件を処理する。
[特別委員会]
特定の案件を審査するために本会議の議決で特別委員会を置くことができる。
 

議会組職

 
議長、 副議長、 常任委員会、 特別委員会、 運営委員会、 行政自治委員会、 文化福祉委員会、 経済交通委員会、 建設環境委員会、 教育委員会